2009年04月13日

【マンガ(のような)日本“ジョニー大蔵大臣”昔話】




♪坊や〜〜〜〜〜良い子だ〜〜〜〜インドシナ〜〜〜〜!

【マンガ(のような)日本“ジョニー大蔵大臣”昔話】


(声の出演:市原悦子と常田富士男 みたいな感じで読んでください)


むか〜し、むか〜〜し〜〜と言っても、2003年頃、都内のあるところに、舞台でスキャンティ一枚の小さな男の芸人がおったそうな〜〜。
その男は、芸人になりたてでまだまだ無名だった猫ひろしという小男であったそうな〜〜。


ある日、その猫ひろしが新宿を歩いていると、
「猫ひろしさんですよね?」と、挙動不審な目つきの男から声をかけられたそうな〜〜。


猫ひろしは、(テレビとか出てないのに何でオレを知ってるんだろう?)と思っていると、その男は
「この間の鳥肌実さんとのライブ見ましたよ、すごい面白かったですよ」
と言い、さらに、調子に乗って猫ひろしのネタのダメ出しとかし始め、猫は(何だこいつ?!このインチキホモ野郎!)と思ってると、
男はまたさらに「他のネタも見たけど、あのネタはどこかリズムが悪いとか・・・・・うんぬん・・・う〜ん」とか言いたい放題であったとかなかったとかそうな〜〜。

猫ひろしは口では「あー、そうですか・・・・ありがとうございます。」と言いましたが、内心では(こいつ殴ってやろうか!このインチキホモ野郎!)と思いながら、
「また会いましょう」と言って2度と会いたくない気持ちいっぱいで別れたそうな〜〜。


その男は、とにかく気持ち悪い男だったそうな〜〜。


それから数日後、なべやかんさんの大晦日のライブで、ライブハウスの電話が鳴り、たまたまそこにいた猫ひろしが出ると、
客らしき男の声で「猫ひろしさんの出演時間はいつですか?」と聞いてきたので、
「あ、僕、その猫ひろし本人なんですけど・・・年越しの12時ぐらいに出ますよ」と教えたのだったそうな〜〜。

その電話の相手は、新宿で声をかけてきたあの気持ちの悪い男であったそうな〜〜。

その男は、今度はまた渋谷のライブハウスにも出没したそうな〜〜。
その時、その男は自作のCDを持って、猫に 
「僕、水中、それは苦しいってバンドのジョニー大蔵大臣って言うんです」
と、初めて自己紹介をしてきたそうな〜〜。

猫ひろしは、(こいつ気持ち悪い・・・ますます気持ち悪くて変な名前だ。このインチキホモ野郎!)と思ったそうな〜〜。
とにかく第一印象から自己紹介まで気持ち悪かったそうな〜〜。
ジョニーは猫に「CD聴いてください」と自作のCDを手渡してきたそうな〜〜。
そのCDの帯には、“明和電機”さんと“みうらじゅん”さんが推薦文を書いていたので、
(このインチキホモ野郎すごいやつなのかな?)と、猫は一瞬思ったが、
曲名を見たら「もげもげ先輩」とか「ガッツいちもつ」とか、「これ、ダジャレじゃねぇかよ!このインチキホモ野郎」と、思い直したそうな〜〜。
それでも何か感じるものがあり「一度は聴いてみよう」と思ったそうな〜〜。

その頃、早朝6時からバイトしていた猫は、朝5時半のまだ日が昇る前の暗い頃からウォークマンを聴きながら、バイト先に通勤していたそうな〜〜。
そこで、もらったジョニーの自作CDを聴いてみると、30分の道のりが気持ち悪くなってしまったそうな〜〜。
歌詞が「おじいちゃん!それおばあちゃんじゃないよ!」とか、朝からそんなの聴いてて嫌だな〜っこのインチキホモ野郎!て思ったそうな〜〜。


ところが、まだ引っかかる何かを感じていた猫は、ジョニーのライブを見に行ったそうな〜〜、
独りでステージに立って絶叫してたジョ二ー大蔵大臣。
(あの気持ちの悪い男が・・・・・)それがすごいかっこよかったそうな〜〜。
それから、猫は次第にジョ二ーとの親交を深めていったそうな〜〜。

ジョニーがメンバーに犬、猿、きじではなく、バイオリンを探していると聞くと、
猫は以前から、「ねこ繋がりでメール交換しましょうよ」と、バイオリニストの斎藤ねこさんと知り合いだったので、
ジョニーに「斎藤ねこさんは若い人とやるの好きだから・・・」と、ねこさんの知り合いの中で一番すごいバイオリニストを紹介してもらったそうな〜〜。
それが現在の「水中、〜」のバイオリニスト、パスタ林三であったそうな〜〜。


ジョニーは、他人のイベント打ち上げの席に必ず自分のギターを持参し現われ、
その席で勝手にギターをかき鳴らしながら絶叫して、参加者たちから怒りを買っていたそうな〜〜。



また、銀杏BOYZのライブ会場の外でも、勝手にギターをかき鳴らしながら絶叫して、会場スタッフの怒りを買っていたが、
その日の主役の峯田くんのケータイには「ジョニーさんの出番は何時ごろですか?」との問い合わせも来たりしていたそうな〜〜。


2004年の秋、猫ひろしとジョニー大蔵大臣のふたりは、早稲田大学の学園祭に“勝手に”出演することを計画したそうな〜〜。
呼ばれてもいないのに、勝ってにだった・・・・。その理由は、
「早稲田大の学園祭に出演したら翌年ブレイクする!」
と言う根も葉もないジンクスを、根も葉もなくても「早稲田大学卒業」と言う学歴はあるジョニーがどこからか仕入れてきた情報からだったそうな〜〜。
これまた“猫のくせに鵜呑み”にした猫は、ジョニーといっしょに、早稲田大学学園祭会場にてゲリラライブを行ったそうな〜〜。

「どうせやるなら、早稲田大のシンボル、大隈重信像の前で!」
と言うことで、大隈像の前で、猫ひろしは全裸になって騒いでいたら、事前通報を受けていた学生側の警備員たちに取り押さえられ、
70年代安保闘争を彷彿させる小競り合いをしていたそうな〜〜。
事前通報をしていたのは、早稲田大OBのジョニー大蔵大臣の内部通報で、
ゲリラなのに事前告知をHPでするという、ジョニーの常識ハズレの失策であったそうな〜〜。

その必死の小競り合いの現場に偶然通りかかったのが、(その日の学祭正式招待ゲストの)リリー・フランキーさんだったそうな〜〜。
猫とジョニーを知るリリーさんは、全裸で暴れる猫を面白がって、その日の学祭の自分のステージ上に招いてくれたのだったそうな〜〜。

手段はどうであれ念願の早稲田の学園祭への出演を果たした猫ひろしであったそうな〜〜。




そして猫ひろしは、なんと翌年ホントに間違ってブレイクして、
2005年の早稲田大の学祭に正式に招かれたのであったそうな〜〜。

ジンクスはほんとうであったそうな〜〜。


そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜〜そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜〜

そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜〜そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜〜

そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜〜そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜そうな〜〜〜


めでたし、中出し!




そんな、猫ひろし と ジョニー大蔵大臣(水中、それは苦しい)のインターネットTV!!!


【きんちゃん ぎんちゃん】
毎週水曜よる11時生放送!!!

新ネタ・新曲・新コント・新成人・新社会人などなど、毎週水曜生放送とアーカイブで無料配信!!!
視聴者の方にもネタメールを大募集!
くだらないおバカネタ大歓迎!!
アクセスはすべて無料 http://bbst.tv まで!

☆「エコひろしコーナー」
「猫ふんじゃった」 の替え歌で、エコエロなことを考えてください!


☆「アドリブアタックテン」
「○○編」みたいなくくりで、ごく簡単なクイズ5問〜10問くらいを考えてください!
例) 「学校編」 Q生徒に勉強を教える人を何ていう?

メールのあて先は、コチラまで
kingin@bbst.tv

posted by 猫ひろし at 11:36| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。