2009年01月07日

【猫被ってました】(術前編)




いきなりだが、世の男性は、「真性包茎」「広東包茎」「仮性包茎」の三種類に分けられる。
そして日本人に一番多いのが、ナニを隠そう「仮性包茎」だ。

(ここで、きゃっと解説しとく)
☆仮性包茎とは、通常時男性下半身の猫が皮で被われていて、エキサイトするとともにその皮から猫が顔を出す人の事を言う。☆

どこの誰がいつどこで調査したかは、わからないが成人男性の6割は、この仮性人だと言われている。

石を投げれば仮性包茎にあたる。

そして本当に石が当たった仮性人がナニを隠そう・・・・・・

いやナニを皮で隠していた俺だ!

一般的に考えると、
女性と行為するときに顔を出してるから通常時は、
「別に猫を被っててもいいではないか」
と考えがちだが、ここに盲点がある。

俺も石があたるまでは、
「何がおかしいんだ!被ってる俺も俺だ!たった一人の息子も息子だ!」

と声を大にして言ってた・・・・・・・・・・・が、

テレビ朝日「テキトーTV」に出演して俺の人生、いやチン生は変わった。

番組のワンコーナーで、
【男性出演者が子孫をどれだけ残せるか、男性出演者の精子を医学的に見て調べる】
というテレビ史上初の画期的サイエンスな企画があって、そこに猫もモルモットとして検査を受けた。

共演の方々が外で見守る中、個室で思いっきり放出した俺の産まれたばかりのホカホカ精子。

それを女性看護師さんが大事そうに検査室へ。

そして検査結果が出た、お医者先生は俺の精子が写ったモニターを見ながら、こうつぶやいた・・・

「まずいですね〜、猫さんの精子は、通常の男性精子の数と比べると半分以下です。」


ガ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!
今まで体は小さいと当然自負していたが、まさか精子の数まで少ないとは思わなかった。

思いがけない悪い知らせ、やはりショックだ。

そしてショックは、さらに襲いかかる。
その少ない精子達が画面上の固まりのようなものに群がってる画像を指さしながらお医者先生が

「この固まり、これは猫さんの・・・・・・

・・・・・・・・・ちんかすです!」

とゴールデンタイムのカメラの前で言ったのだ。

そして更に追い討ちをかけるように、

「猫さんあなたのSEXは、汚い。不潔なんです」

とまたゴールデンタイムのカメラ前でシュート発言をしてきた。
ここまで来るとショックよりもはや恥ずかしさが上回ってくる。

先生の説明によると、

何故その少ない精子にちんかすが出ていたかと言うと、
別に不潔だったからではない、むしろ逆で下半身の子猫は、毎日顔を出させて入念に洗っていた。

しかし仮性包茎の場合、幾ら綺麗に洗っても、女性との行為や自慰行為の時にどうしても皮が摩擦で擦れてちんかすがでてしまうのだそうだ。

そしてここからが世の女性にも聞いてもらいたいのだが、

男性のちんかすは、【女性の子宮癌の元になる】 というのだ。
これは、医学的に立証されていて、割礼のある国(成人までに男性器の余っている皮を切る儀式のある国)では子宮癌がほぼ0なのだ。


だから話はここで終らない。
その時、近く結婚を控えていた俺は、その番組でそのまま皮を切るあの【包茎手術】をすることになった。

まさにチン生を賭けて、医学的人工的にひと皮むけた男になろうと決断したのであった。


(皆が興味チンチンのこの先は、次回の“術後編”にて!)



posted by 猫ひろし at 11:38| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。